歯と口の基礎知識

妊娠中に歯について注意するべきことはありますか?

妊娠中に歯について注意するべきことはありますか?

妊娠中は女性ホルモンの影響で、今までずっと虫歯や歯周病の心配がなかった方でも、お口の中の状態が変わり、虫歯や歯周病や口内炎への注意が必要です。

妊婦さんは歯周病に注意!

妊娠中は女性ホルモンの影響で歯ぐきが赤く腫れたり出血するなどの妊娠関連(性)歯肉炎になりやすいというリスクがあります。日本臨床歯周病学会の報告によると、歯周病にかかっている人は歯周病にかかっていない人と比べて7倍も早産や低体重児のリスクが高くなるとのことです。

妊娠がわかった女性、または妊活を行なっている女性は、ぜひ歯医者で歯周病の検査を受け、歯周病を予防しましょう。

妊娠期の智歯周囲炎

親知らずが生えかかっている方が、妊娠期に親知らずの周辺が炎症を起こす智歯周囲炎になるケースもあります。親知らずは一番奥に生えるため、周囲の歯磨きが行き届かず、汚れがたまりやすい状態になりやすいです。

妊娠時にはつわりが起こって気持ちがわるかったり、体調不良で食事が不規則になり、歯を磨く回数が減ったり、歯磨きを簡単に済ませたりしがちです。奥歯をていねいに磨けないので、親知らずに周囲が腫れて痛みが出やすくなります。

つわりなどで体調が悪い時のはみがき

妊婦さんはつわりなどで歯磨きをすると気持ち悪くなったりして、歯をきれいに磨けない時期があります。そんなときは無理に磨かずに体調が良い時にみがくように心がけましょう。

みがける時に少しずつこまめに磨くことによって、歯垢がたまるのを防ぐことが出来ます。体調が良くなったら通常の食後の歯磨きと寝る前の歯磨きをするようにしましょう。

歯磨きが辛い時は口内洗浄液を使って軽くうがいをするだけでも口内の細菌を減らす効果が期待できます。ただし、口内洗浄液では歯についた歯垢や歯石は落ちませんので、うがいだけに頼ることは出来ません。

妊娠中はいつ歯医者に行ったらいいの?

虫歯は母から子に唾液を介して感染しますので、妊娠前に虫歯治療をすませておくのがベストです。しかし虫歯治療を受ける前に妊娠した場合は、特に歯が痛む場合などの応急処置を除いては、妊娠5~7ヶ月頃の妊娠中期に受診されることをおすすめします。

妊娠初期はつわりがひどく、まだ流産の可能性がある時期です。また、妊娠後期になるとお腹がかなり大きくなり、診療チェアで仰向けになるのが辛い場合があります。

妊婦さんの歯科受診で気を付けること

妊娠中に歯科を受診される場合は、妊娠中であることを必ずご予約時と診療当日に歯科医院に伝えてください。妊娠中には使用できない薬がありますし、なるべく患者さんの負担を軽くするように配慮して治療を行います。

妊娠時には妊娠糖尿病や妊娠高血圧症、貧血、おなかの張りなどもあります。産婦人科医から処方された薬や、注意事項がある場合も、必ず担当医にお伝えください。また、歯の治療を受けていることを産科の主治医の先生にもお伝えください。

まとめ

妊娠中はホルモンのバランスのせいでお口の中の唾液が減り、歯周病や虫歯になりやすい状態になります。妊婦さんに特有の歯肉炎や歯周炎がありますので、出来るだけ歯科検診を受けていただいて健康な歯と歯ぐきを維持しましょう。