歯と口のトラブル

口を開けると痛いのはなぜ?

口を開けると痛いと感じる場合、食事や人と話す時、不安や苦痛を伴います。その原因や治療法について今日はご案内します。

口を開けると痛い場合放っていても良い?

お口の開閉の際、頬やあご、耳の前、こめかみあたりに痛みを感じるケースがあります。痛みではなくても、口を大きく開けることに違和感を覚える場合は、なるべく早く歯科医院を受診し、検査を受けてください。

通常、食事や会話など日常生活において、お口を開けずに行うことは難しいです。クリニックへ行かずに放置していると、指2本分も口が開かなくなる等、症状が悪化する可能性があります。必要な処置を行わなければ、お口元周りの症状のみではなく他の部分にも異常が生じることが多いです。めまいや頭痛、肩こり、首や肩、歯の痛みに影響を及ぼす状態になります。

口を開けると痛い原因・顎関節症

このように、口を開けた際に痛む原因として考えられるのは、顎関節症です。上顎と下顎の間に顎関節がありますが、顎関節の中にある関節円板がずれていて大きな音が鳴ると考えられます。その他にも緊張による筋肉のこわばりが考えられます。顎関節症を引き起こす要因はさまざまありますが、一例をご紹介します。

    クセ
  • 歯ぎしりや食いしばりを行っている
  • 唇や頬の内側を噛む癖がある
  • 頬杖やうつぶせ寝など片側だけに負荷をかける癖がある
  • 猫背など姿勢の悪さによるゆがみ
  • 不正咬合や噛み合わせ
  • 噛み合わせが悪いため左右特定の歯で噛んでいる
  • 被せ物や入れ歯の高さが噛み合わせと合っていない
  • ケガや病気
  • 顔を外傷により打撲した
  • うつ・精神疾患・睡眠障害・ストレスがある

不正咬合とは、出っ歯(上顎前突)・受け口(反対咬合)・歯並びがガタガタ(叢生)・口が閉じられない(開咬)・噛み合わせが深い(過蓋咬合)などの歯並びについてのお悩みを指します。不正咬合には上下の歯の噛み合わせが関係していることが多く、悪いまま食事を行い続けると、顎関節に負担が大きくかかり、顎関節症を起こしてしまいます。矯正は歯並びを綺麗にするのみではなく、咀嚼という重要な機能をきちんと行えるようにという治療でもあります。

重度の顎関節症の場合、症状を放っておくと、あごの機能が正常に働かず障害が出たり、長い時間、口腔外科で通院治療を行わなければならないケースがあります。

口を開けると痛いけど治療法は?

顎関節症の治療の流れをご説明します。まず、痛みの部分を患者様に伺います。筋肉や筋の緊張か、関節円板のずれか特定し、全身にわたる痛みやお悩みがないかというチェックをします。

歯ぎしりなどのブラキシズムや軽度の顎関節症ならば、マウスピース治療(スプリント)をおすすめします。レントゲンによる精密検査で歯の欠損・被せ物・歯の位置などをきちんと確認してから、お口の型どりを行います。マウスピースを作製し、就寝時にスプリントを装着します。そして、お口を正しく動かすように自分で運動をし、来院時にはクリーニングをし、噛み合わせや高さを調整していきます。

まとめ

口を開けると痛い際は、その他の方法として歯列矯正により改善することが多いです。歯列矯正にはワイヤーブラケット矯正・マウスピース矯正など種類があり、全体的な矯正か、部分矯正かは歯科医師が患者様を診断してからとなります。当院では無料カウンセリングを行っていますので、歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。ドクターやスタッフがあなたに合う治療の方法をご提案させていただきます。