こども

子供の口呼吸は出っ歯になるって本当?

子供の口呼吸は出っ歯になりやすいと言われています。今日は子供が口呼吸になる理由や、口呼吸だとなぜ出っ歯になりやすいのかまでご紹介いたします。

子供が口呼吸になる原因は

口で呼吸を行うことを口呼吸と呼びます。鼻で呼吸を行う鼻呼吸は、口から体内に取り込まれる口呼吸と異なり、鼻を通るフィルター効果で、風邪などのウイルスを体内に取り込まないよう減らせると言われています。そのようなリスクを回避し、全身の健康を維持するためにも、鼻で呼吸を行うことはとても大切です。

また、口呼吸で起こる他のトラブルを挙げます。

  • 口臭が強くなる
  • 舌の位置が下がるため、睡眠時に気道がふさがり、いびきをかいたり、睡眠時無呼吸症候群になる可能性がある
  • 口が開いたままの状態のため、唇や口腔内が乾燥し、自浄作用や初期むし歯を再石灰化する唾液の作用が減る

では、子供が口呼吸になる原因をご説明します。

  • お口を閉じる力・お口周りの筋力が通常よりも低下している
  • アレルギー性鼻炎・鼻風邪などの影響で鼻で呼吸をすることが難しい
  • アデノイド肥大になっている
  • 頬杖をつく癖・噛みづらいために同じ部分で噛む癖・舌で前歯を押す癖が日常の習慣になっている

これらの原因から、ポカンとお口を開けて呼吸を行ういわゆるポカン口になっている子どもが多いと考えられます。

口呼吸を治さないと出っ歯になる?

口呼吸を治さないと、なぜ歯並びが悪くなるのでしょうか。

  1. 口呼吸ではお口をポカンと開けている状態になる
  2. お口の周りにある筋肉が弱まり舌の位置も上顎の正常な位置ではない後方の部分になる
  3. 舌の圧力と唇からの力や頬の粘膜で歯並びを正常に保っているのにバランスが崩れる
  4. 頬の力がより歯並びにかかるようになる
  5. 出っ歯(上顎前突)・口が閉じられない(開咬)・歯が前後にデコボコする(叢生)・受け口(反対咬合)などの不正咬合と呼ばれる歯並びになる

また、長い時間お口を開けている状態が続くので、顎の長さが下へ成長してしまい、お顔立ちにも変化を生じさせる問題があります。

子供の口呼吸を治す方法

子供の口呼吸は、お口の周りの筋肉をトレーニングすれば改善することが可能です。ただ、先天的に歯並びが出っ歯などではないかということを確認するためにも、一度歯科医院へ通院し、歯科医師の診断を受けましょう。カウンセリングや精密検査のうえで歯並びが良くないと診断されれば、矯正装置による治療をおすすめします。

一般的に、治療の方針や費用のご説明の際に、矯正器具(固定式・可撤式・顎外固定)の種類の中から、お子様に合った装置をドクターが提示し、治療計画を説明します。主にプレート・急速拡大装置・インビザラインファースト(マウスピースによる矯正)などが挙げられます。それらの装置で歯を正しい位置に動かしつつ、舌や口輪筋を鍛えるMFTというトレーニングを行うという方法で機能の改善を目指します。

お口のトレーニングや体操については必要なものですが、やりなさいという言葉だけでは、子供は嫌になってしまうケースがあります。周囲にいる大人が楽しい気分で子供にさせるということも重要です。お子さんと一緒にやってみるというのも効果があるので、大人も一緒にやると良いでしょう。

  • あいうべ体操
  • 舌回し体操
  • 甘くないガムを噛む

これらの体操以外にも、シャボン玉や吹き戻しで、お口の周りの筋力を使用する遊びをするのも、楽しいプチトレーニングになります。

まとめ

子供の口呼吸や歯が気になる、虫歯や歯周病を予防する対策などお口や歯に関するお悩みがあれば、クリニックでドクターやスタッフに相談しましょう。子供の矯正は、抜歯をせずに顎の成長をコントロールしつつ矯正できるのが最大のメリットです。きれいな歯並びは歯ブラシでの歯磨きもしやすいので、結果としてむし歯を防ぎやすくなります。痛みや変色などの症状を引き起こしてから歯科へ通院するのではなく、定期的にフッ素塗布や検診を受診し、歯や歯肉を健康な状態で予防するという視点で医院へ通いましょう。