こども

子供の歯が抜けたら保管するのがベスト?

子供の歯が抜けたら、保管しておくことをおすすめいたします。

子供の歯はいつ抜けたら大丈夫?

通常、子供の歯はおよそ6歳前後から抜けてきます。12歳頃にはすべての乳歯が永久歯に生え変わっています。12歳を過ぎても、まだ乳歯が抜ける気配がない方は歯科医院への受診をおすすめします。

子供の歯が抜けるのは喜ばしいことですが、抜けた子供の歯をどうすべきか、悩まれるご両親もおられるでしょう。

日本で子供の歯が抜けた場合

昔、上の乳歯は縁の下へ、下の乳歯は屋根の上へ投げるという行動が、日本では一般的でした。上の歯を下へ、下の歯を上へという風習は、「抜けた後に生える上の歯が下へ向かって健やかに生えますように」ということを願って縁の下に投げていたようです。下の歯もそのような願いから屋根の上に投げるようになっていたのでしょう。

ただ、最近は一軒家ではなく、マンション暮らしの家族が増えてきました。上の階や下の階の方のことを考えると、子供の歯を投げられないというご家庭も多いと思われます。

海外で子供の歯が抜けた場合

イギリスやアメリカなどでは、抜けた乳歯を枕の下に置いて寝ると、夜中にトゥースフェアリーという妖精がやってくるという言い伝えがあります。トゥースフェアリーは子供の歯をもらい、代わりに硬貨や紙幣を枕に置いて家に帰っていくそうです。サンタクロースと似ています。

ちなみに近年のアメリカのトゥースフェアリーの相場は4ドル前後らしく、歯の抜けた子供はトゥースフェアリーからのお金を、貯金やお小遣いにして大事にするそうです。

子供の歯が抜けたらこんな保管方法いかが?

投げるのではなく、子供の歯が抜けたら保管しておきたいという方も多いでしょう。100円均一のピルケースや、アクセサリー用のギフトボックスなどで、歯の保管は可能です。綺麗に洗浄して、水分を拭いて収納しましょう。

ただ、思い出としてきちんと保管したい場合は、乳歯ケースという商品があります。桐の箱(抗菌・防湿に優れた性質)で作製されていて、商品によっては歯の抜けた日を書くスペースや、体重や名前を蓋に印刷したり、写真を入れられる商品もあるようです。お子さんとの思い出になります。

抜けた子供の歯が将来役に立つかも?

抜けた歯をたまたま思い出として保管していたら、思わぬところで役に立つかもしれません。今、再生医療という分野が進歩を遂げています。衛生的に洗浄・保管という点がなかなか難しく、現在では子供の抜けた歯にある歯の細胞が役に立てる状況ではありませんが、お子さんが大きくなった時には、ひょっとすると再生医療で歯が役に立つ可能性があります。

まとめ

子供の歯は、保管しておくことをおすすめします。また、乳歯の歯並びが悪く、永久歯の歯並びをきれいにしたいと思われる場合は、お子さんのあごが小さいということも考えられるので、一度カウンセリングへご来院ください。成長に合わせた矯正治療をご提案します。