歯と口のトラブル

歯が痛む・しみる原因は何ですか?症状別の考えられる原因を教えて

歯が痛いしみる

熱いもので歯がしみる・痛む場合の原因は虫歯・歯周病・知覚過敏などが考えられます。症状別に原因をご説明します。

1.噛むと痛い

噛むと痛い時のもっとも多い原因は虫歯です。虫歯の穴に食べかすが詰まり、噛んだ際に歯の神経が圧迫されたことによって痛みます。この場合、虫歯は神経まで浸食していて、歯髄炎を発症している可能性があります。

また、歯根膜(歯の根と歯槽骨のすき間にある膜)が細菌感染したことによる歯根膜炎も考えられます。歯根膜は、歯が硬いもの・やわらかいものを判別するクッションのようなものです。歯根膜が炎症を起こすと、歯と歯が触れ合っただけで痛むこともあります。

2.冷たい物(熱い物)を食べるとしみる・痛い

虫歯でもないのに冷たい物がしみたり、熱い物を食べて歯が痛いと感じたら、知覚過敏の疑いがあります。知覚過敏は一過性であるのが特徴のため、日常的に痛みはあまりありません。

知覚過敏の原因はいくつかありますが、主に歯ぎしり・食いしばり、力任せで強すぎるブラッシングなどがあげられます。お心当たりがある場合、歯ぎしりやブラッシングなどを意識しながら痛みの様子を見てみましょう。

ただし、慢性的な痛みを伴う場合は、虫歯・歯周病の進行が濃厚ですので、早めに歯科医院で診てもらいましょう。

3.甘い物を食べるとしみる・痛い

冷たい物(熱い物)は大丈夫なのに、甘い物を食べた時に歯が痛い・しみることを甘味痛といいます。甘味痛の原因は、主に虫歯か知覚過敏が一般的です。

甘味痛では、歯に付着している歯垢が甘い物に触れた時、歯垢の中の細菌が多量の酸を作り出して、それが強い刺激になります。神経にまで響いてしまうということは、歯のエナメル質がそれだけ薄くなっているのかもしれません。

エナメル質が薄くなる一般的な原因は、大体が虫歯ですが、歯ぎしりによる歯のすり減りなどでも起こります。しみない予防としては、フルーツ、清涼飲料、ワインなど、酸が多めの食べ物・ドリンクを控えることなどです。

4.歯ぐきが痛い

歯ぐきが痛い原因はさまざまですが、まずは虫歯・歯周病の可能性を疑います。特に、歯周病は本人の自覚がないまま進行してしまうため、歯ぐきがどのように痛むのかしっかり確認しましょう。

歯周病は、まず最初に歯肉炎から始まります。歯肉とは歯ぐきのことで、歯ぐきが赤く腫れていたり、歯磨きの際に血が出やすいなどの初期症状がまず出ます。
また、歯と歯ぐきの間に膿がたまって歯ぐきが痛む場合もあります。これも歯周病の特徴ですが、膿が口臭の原因になったり、歯ぐきが痩せて歯が動揺することもあるため、早めに歯科医院で診てもらいましょう。

重症化していない歯周病の場合、歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)の歯石の除去を徹底して行い、しっかり消毒治療を施せば、ある程度の改善は望めます。ただし、歯周病の進行を食い止めることはできても、元通りの健康な歯ぐきに修復することはないため、定期的なメンテナンスと適切なブラッシングを怠れば、すぐに再発してしまいます。

5.何もしなくても痛い

末期症状の虫歯の一歩手前、もしくは歯周病の疑いがあります。

まず、虫歯の場合はC3のステージ以上にあたり、歯の神経に虫歯が達している可能性が高いです。できるだけ早急に、腐食された神経と血管を取り除いて洗浄・消毒します。根管治療(神経が入っていた管の中に薬剤を充填して塞ぐ)が可能なら、歯を残して維持することができます。

一方、歯周病の場合は、歯を支えている歯周組織が細菌に感染し、激しい痛みを伴います。歯周病のもっともわかりやすい目安として、歯周ポケットがあります。歯周ポケットに菌(プラーク・歯石など)が溜まりこんで、歯ぐきが下がってしまい、炎症の範囲がどんどん骨にまで降下していきます。

早期発見が何より重要で、すぐに歯科医院にて骨のレントゲン、プラーク・歯石の除去を行い、歯ぐきを清潔に保つことを心がけましょう。

まとめ

歯が痛い、しみるなどの症状が出ている時には、歯や歯ぐきに何か問題が起こっていることが考えられますので、早めに歯医者の定期健診をお受け下さい。