歯と口の基礎知識

歯の為にやめたほうがいい習慣はある?

女性のイメージ

ついついやってしまうことが歯に悪い影響をあたえることがあります。こんな習慣に心当たりはありませんか?

力を入れて歯を磨く

歯を磨くときに力を入れすぎていませんか?力を入れてブラッシングすると、歯ブラシの毛先が曲がって十分にプラークを落とすことができません。また歯の表面や歯茎が傷ついてしまいます。歯の表面が傷いてザラザラになると食べ物や飲み物によって歯が着色しやすくなってしまいます。

歯を磨くときは歯ブラシの毛先を軽く歯にあてて小刻みに動かして磨くのがコツです。自分の歯みがきの仕方はどうなっているかチェックしてみてください。

つまようじを使う

虫歯があったり、歯と歯の間に隙間があると、食べ物が歯に挟まりやすくなります。歯に食べ物が詰まるとつまようじを使うことも多いと思いますが、歯周病にかかっている方や中高年の方で、歯ぐきが下がって象牙質という歯の柔らかい部分が露出している場合につまようじを使うと、つまようじで歯ぐきを傷つけたり、歯の象牙質を傷つけて虫歯になりやすくなることもあります。

歯と歯の間に食べ物が詰まった場合には、なるべく歯間ブラシやフロスを使って歯や歯ぐきを傷つけないようにして除去するようにしましょう。

歯を使って袋を開けたり、氷をガリガリ食べる

近くにハサミがなかったりするとついつい歯で袋を開けてしまったり、糸を切ってしまうという方もおられると思います。歯は硬いのでそれくらい大丈夫と思われるかもしれませんが、このようなことも歯を傷める原因となってしまいます。

また、硬すぎるものを食べるのもよくありません。歯のためには柔らかいものばかりでなくある程度硬いものは噛んだ方がいいのですが、氷などのとても固いものを噛むことは歯に大きな負担がかかります。

歯磨き後にコーヒーを飲む

歯磨きをした後は歯の表面のエナメル質が一時的に荒れている状態です。そこで着色しやすいコーヒーやお茶や紅茶などを飲むと歯が着色してしまう可能性が高くなります。

歯磨き後になにか飲みたくなった時は、歯磨きしてしばらくの間はお水にしておくと着色が防げます。

まとめ

歯の表面のエナメル質は人体の中で一番硬いものですが、歯はいろいろな習慣によりダメージを受けてしまいます。健康な歯でより長く過ごせるよう、もし上記に当てはまる項目があれば、ご自分の習慣を見直してみましょう。