詰め物・被せ物

二次虫歯にならないためには詰め物・被せ物がポイント?

二次虫歯にならないためにはどうすれば良いでしょうか。今回は、二次虫歯を予防しやすい詰め物や被せ物の素材、ならないための予防法についてご紹介いたします。

二次虫歯とは

二次虫歯とむし歯はどう違うのか、ご案内します。虫歯(う蝕)はミュータンス菌という細菌による感染症です。

  1. 歯科医院で早期に発見できれば、虫歯菌のいる歯の部分を削り、薬剤を入れ詰め物(インレー)で詰めます
  2. 変色・痛みや穴が開くなどの症状があれば、大きく削り薬を充填し、被せ物(クラウン)で被せます

保険適用内での治療ならば下記の素材で行われます。

  • 銀色(銀合金)の詰め物・被せ物⇒一般的に銀歯
  • 白い色(ハイブリッドレジン)の詰め物・被せ物→CAD/CAM冠
二次虫歯

二次カリエスとクリニックによっては呼ぶ医院もあります。
むし歯の処置を行った被せ物や詰め物の隙間から、むし歯菌が侵入し、再度むし歯になってしまう状態を指します。被せ物や詰め物があるため、見えにくいという欠点があります。

放置するとどうなる?

二次虫歯は、処置された歯の下で進行する状態なので、自覚しにくいことが多いです。ただ、二次虫歯のサインがある場合もあります。

  • かぶせ物が急に取れた

歯が痛くないのにかぶせ物が外れただけで歯医者さんへ通院するのは、面倒かもしれませんが通院しましょう。むし歯ではなく噛み合わせや食べ物で外れたならば問題ありませんが、虫歯の場合は、早く治療をしないと、歯の神経(歯髄)や、歯の根(歯根)にまで細菌が侵入し、歯を失うことになるからです。歯を失うと食事で噛むという機能が低下するだけでなく、見た目の問題、上下の噛み合わせる歯が伸びてしまうなど様々なトラブルが生じます。

歯を失った時の治療の方法は入れ歯・ブリッジ・インプラントなどの義歯治療となります。

二次虫歯にならない被せ物や詰め物は?

むし歯治療の際に、二次虫歯になりにくい材料で治療してもらえば、隙間などから虫歯菌が侵入する可能性は低くなります。セラミックで処置すれば二次虫歯にならないのはなぜなのか、種類も含めてご説明します。

セラミックのメリット・デメリット

そのため、保険適用の銀(金属)や白(歯科用のプラスチックとセラミックの混ざったもの)に比べると、このようなメリット・デメリットがあります。

  • 時間による劣化が起こらない材質を接着するため歯と歯や歯肉に隙間ができない
  • 天然の歯の色に近い審美性を持つ
  • 陶器と同じなので歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しにくい
  • 咬合で接着が衰えることがない強度や耐久性がある
  • 保険適用ではないため、費用が高いセラミックは、保険適用外の素材です

セラミックの種類

  • オールセラミック(すべてセラミックの被せ物・歯科技工士が作製)
  • ジルコニアセラミック(強度があるセラミックのかぶせ物・歯科技工士が作製)
  • ハイブリッドセラミック(歯科用レジンとセラミックが混ざった材質のかぶせ物・歯科技工士が作製)
  • メタルボンド(表側にセラミック・裏側に金属という被せ物・歯科技工士が作製)
  • セレッククラウン(セラミックのブロックを機械で削り作製するため審美性に劣る)
  • 見た目が美しく前歯に向いているのはオールセラミック
  • 噛み合わせのための力がかかる奥歯に向いているのはジルコニアセラミック
  • 一本あたりの価格を安くセラミックをお考えならばハイブリッドセラミックやメタルボンド、セレッククラウン

金属アレルギーの方はメタルボンドは使用できません

まとめ

二次虫歯にならないためには、下記の点に注意しましょう。

  • むし歯治療の際に長期的な歯の健康を考えて自費治療も検討する
  • むし歯や歯周病にならないように予防歯科の観点から歯科医院で定期的に健診を受診する

また、お口のことや歯並びについてお悩みがあれば、一度クリニックへお気軽にご相談ください。

なんばクローバー歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック