歯と口のトラブル

歯が欠けた!どうしたらいい?

歯が欠けた!どうしたらいい?

転んだり事故にあったり、または硬いものを噛んで歯が欠けてしまった時にどうしたらいいかご説明します。

歯が欠けた場合にすぐやることと注意点

  1. できるだけ早く歯医者を受診する
  2. 割れた欠けらを自分でくっつけたりしない
  3. 歯の欠片や抜けた歯があれば保管して歯医者に持参する
  4. 欠けた部分を舌などで触らない
  5. 欠けた場所や大きさによっては保険診療ではできない場合もある

歯が欠けた場合の治療方法

歯の小さな欠けにはレジン充填

歯がほんの少し欠けた時は、レジンで歯が欠けた部分を埋めて表面を滑らかに削ります。

この方法はレジン充填と呼ばれ、保険の適用となります。レジンは歯科用のプラスチックですので、金属やセラミック程の強度はありませんが、歯を大きく削ることなく、歯に馴染む色で修復することが出来ます。

レジンは歯と歯の間などの小さな虫歯の治療にも良く使われます。

前歯の大きめの欠けはセラミッククラウンを被せる

前歯が虫歯等で大きく欠けてしまった場合は、審美性や強度の問題から、保険外診療のオールセラミックやジルコニアで作られた被せ物を被せます。

神経が損傷して痛みが出ている場合は、被せる前に神経の治療が必要になり、通院回数も少し増えます。

歯に被せ物を被せる場合は、歯の周囲をぐるっと削って土台を作って型を取り、歯科技工所で被せ物を作ります。

保険診療での被せ物は、銀歯かプラスチックになります。見た目の審美性や二次虫歯のなりにくさなどで、治療費は高くなりますが、自由診療のセラミックがおすすめです。

歯が大きく欠けてしまうと抜歯になることもある

重度の虫歯や、事故で歯が大きく破損して、歯茎の下の歯根の部分まで欠けてしまうと、歯を抜かなければならない場合もあります。
抜歯すると歯根がなくなるため、もう被せ物での治療は出来ません。抜歯後の治療としては、ブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類の治療方法があります。

歯が欠けるのはどういう時?

歯が欠けるのは、遊びやスポーツなどでぶつけた、交通事故などの他に、虫歯、歯ぎしり・食いしばりなども考えられます。

原因がどうであれ、歯が欠けた時にはすぐに治療することが大切です。そのまま放置すると、ひどい痛みに繋がる場合もありますし、いざ治療しようとしても、抜歯しなければならない場合もありますので、早めの治療を心がけましょう。

まとめ

歯の模型

歯が欠けてしまった時は、出来るだけ早く歯科を受診しましょう。割れた欠けらを自分でくっつけてはいけません。必ず歯医者に持参して下さい。

奥歯が割れたり欠けたりした場合は、見えない部分なのでそのままにしてしまう方もおられますが、早めに治療すれば簡単な処置で済む場合もあります。放っておくと噛むうちに欠けが大きくなり、やがて抜歯が必要になる時もありますので、注意が必要です。

なんばクローバー歯科

大阪矯正歯科グループ大阪インプラント総合クリニック